So-net無料ブログ作成
検索選択

介護ホームヘルパー前多清志のアドバイス1

ホームヘルパー資格を取得し
仕事としても、親族の介護にも役立つ
情報を前多清志が紹介していきます。


~利用者の安全確保~

ホームヘルパーが行う身体介護において最も大切なことは、
利用者の安全を優先することです。

身体介護を必要とする人は、
心身に何らかの障害を持っていることが多いです。

ですから一つ一つの動作に対して、恐怖心を持ってしまいがちになります。
この恐怖心を和らげ、
「歩きたい」
「身体を起こしたい」
という要望をかなえてあげるのが、

ホームヘルパーの重要な仕事でもあります。

まずは安全の確保をしましょう。

これは、ホームヘルパーの基本として、しっかりと認識する必要があります。


~介護の前に、相手をよく観察する~

利用者の人格を尊重するということは、
相手のことをよく理解するということでもあります。

ホームヘルパーは、高齢者を相手にするので、
高齢者特有の心理状態を良く知ることも大切です。

例えば認知症の方は、どんな表情やしぐさの特に不安感を覚えているのか、
などもよく観察して、介護の前によく理解しておく必要があります。

当然、人にはそれぞれ個性があります。

認知症という症状でひとくくりにするのではなく、
個人個人の性格や特有の言動をよく観察し、

その方にあった対応の仕方を考え、行動するのが、
プロとしてのホームヘルパーの仕事だと前多清志は思います。




前多清志 募金活動 前多清志ホームヘルパー 前多清志 福祉 前多清志 老人ホーム 前多清志 介護 前多清志ボランティア 前多清志 難民支援 前多清志 被災地支援 前多清志 義援金 前多清志ゴルフ 前多清志 乗馬 前多清志 信州 前多清志そば屋 前多清志ブログ 前多清志 画像
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。